初期症状を見逃さない

歯

早期発見と治療が鍵を握る病気の1つに虫歯が挙げられます。定期的に大阪の歯科でメンテナンスを受けることによって、虫歯の早期発見が可能です。虫歯の早期治療を行なえば、治療費も少なくて済み、何度も大阪の歯科に通う必要はありません。
虫歯の症状といえば、「強い痛み」を思い浮かべる人が多いでしょう。実は虫歯には痛みの他にも症状が出ていますが、多くの人は気が付かなかったり、放置してしまったりしています。この初期段階で虫歯に気付いて大阪の歯科で治療を受ければ、早く治すことができるのです。例を挙げると冷たいものを食べると歯がしみる症状は、象牙質まで虫歯が達していることで発生します。歯はエナメル質と象牙質と呼ばれる組織の二層構造となっていて、表面のエナメル質を溶かし、次の層の象牙質まで虫歯が達すると冷たいものがしみるようになります。それより前の段階として、甘いものを食べると歯がしみる症状があります。この症状はあまり聞き慣れないもののため、甘いものを食べて歯がしみたというだけで大阪の歯科に行く人は少ないでしょう。これは歯の象牙質に虫歯が達しているときに現れる症状で、浸透圧が関連してこのような痛みが起こります。さらに虫歯の治療を始めるのに最適なのは、「自覚症状を感じない」段階で治療することです。これは非常に難しいと思われがちですが、大阪の歯科へ定期健診を受けることで可能となります。この「自覚症状を感じない」段階での治療が虫歯を治すのに理想的とされています。