歯がなくなっていく

歯ブラシ

歯周病は誰でも起こりうる歯の病気です。昔は歯槽膿漏と呼ばれており歯と歯ぐきの間に溜まったプラークと呼ばれる歯垢の細菌が炎症を起こすことにより化膿を起こし、最終的には歯や顎の骨を溶かしてしまい歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。最近なんだか歯がグラグラしてきたという人は歯周病にかかっている可能性が考えられます。このように大きな初期症状がないのも歯周病の特徴です。セルフチェックを行ない、1つでも当てはまる症状があれば箕面の歯科に行くようにしましょう。
歯周病は歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットと呼ばれる溝に炎症が起こる現象なので、歯ぐきから血が出る人や歯がしみるようになった人も気をつける必要があります。こういった症状があれば、放置せずすぐに箕面の歯科で定期健診を行なうことで歯周病であるか検査できます。
箕面の歯科ではまず精密検査を行ない、腫れの状態や歯周ポケットの深さなどを専用の器具を使用して確認します。それから歯周病の大きな原因となるプラークを取り除いていきます。プラークは日々取り除くことが大切になるので、併せて歯ブラシの使い方や歯間ブラシの使い方の指導を行ないます。自宅に帰った後も、指導された方法を毎日実行することが大切です。また、歯ブラシによる正しいブラッシングの妨げとなる歯石を専用の器具で取り除きます。これで自宅に帰っても歯磨きの効果を実感することができるでしょう。次に炎症を起こしている歯周ポケットに入った細菌を取り除く作業を行ないます。この細菌は固まって歯石になっており、一度では取り除くことができません。箕面の歯科で何回かに分けて歯石を取り除く作業を行ないます。