慣れが必要

歯

デンタルフロスと歯ブラシを併用することで歯垢を効率的に落とすことができます。日々の虫歯や歯周病の予防のために正しくデンタルフロスを使うことがとても大切です。
デンタルフロスは、糸状になったものが専用のケースに入って販売されていることが一般的です。その形状から上手に使えるようになるまでには時間がかかる可能性があります。最初は焦らずに鏡を見ながらやっていくとわかりやすいでしょう。
まずは、デンタルフロスを使いやすい長さにカットします。カットしやすいようにケースには刃がついていることがあるので、それを使ってカットするようにします。なお、使いやすい長さの目安は40センチくらいですが、だいたい指先からひじあたりの長さがそれくらいなので、デンタルフロスを手に持ち糸をひじまで引き出した後カットするとよいでしょう。そのまま使いはじめると力が入らず使いにくいので、片方の糸を中指に巻きつけます。その際、指から外れないように2~3回巻きつけるとよいでしょう。もう片方の糸を巻きつけていない中指へ巻きつけますが、その際の間隔は10センチから15センチくらいにしておきます。あまりこの間隔が長いと使いにくくなってしまいます。口の小さい女性や子供は短めの10センチ間隔から始めることをおすすめします。最後に両手の親指と人差し指で糸をつかみ、たるみのないようにピンと張りながら使用します。このとき、1センチから2センチ程度指と指との間隔をあけておきましょう。万一、正しいやり方がわからないときや上手にできない場合は、歯科に相談することできちんと指導してもらえます。